肝油ドロップの由来

鮫の肝臓から抽出した肝油を、世界で初めて食べやすいドロップに製造したのは日本の河合製薬です。創業者である薬学博士・河合亀太郎が1911年に創製しました。

タラの魚の肝臓の油を凝縮した肝油には、ビタミンAやビタミンDが豊富に含まれているが、魚の生臭さがあり、これをなんとか食べやすくならないものかと研究を重ねゼリー状のドロップの形でビタミンを安定に保つ技術を開発した。

日本で最初の肝油製剤として《ミツワ肝油ドロップス》の名称で製造販売を開始し、日本、イギリス、アメリカ、フランス、ノルウェー各国で製法特許を取得した。

昭和7年には、学童生徒の健康のために、学校用肝油ドロップを製造販売し、昭和20年には全国の小中学校へ次々と出荷されていった。

昭和21年に製品名も新たに<カワイ肝油ドロップ>として販売されるようになった。

現在では魚油からの凝縮ではなく、日本薬局方(一般的な医薬品の品質を定めている規格)に添って作られたビタミンA、 ビタミンDを混ぜ合わせた原料で肝油ドロップを製造しています。

 

肝油ドロップの主な栄養成分

肝油ドロップの主な栄養はビタミンAとDです。

ビタミンAは粘膜を作る機能に働き、皮膚を健康に保ちます。また、目の乾燥感お抑える作用もあります。しっかりビタミンAをとると、風邪をひきにくくなります。

ビタミンDは、カルシウムやリンに働きかけて、骨や歯を作る機能に働きます。

 

肝油ドロップの種類

カワイ肝油ドロップには薬局・薬店向け商品と教育機関向け商品とがある。

薬局・薬店向け商品には、指定第二医薬品として、カワイ肝油ドロップSのバナナ風味とカワイ肝油ドロップC20のオレンジ味、ワイ肝油ドロップM400ラ・フランス風がある。第三類医薬品として、ビタミンECカワイのグレープフルーツ風味がある。

教育機関向け商品は栄養機能食品として、肝油ドロップサイダー味、ビタミンC肝油ドロップオレンジ風味、カルシウム肝油ドロップメロン風味、カワイビタミンECドロップグレープフルーツ風味がある。

 


 

トップページへ戻る

Copyright © 2009 おいしい肝油ドロップ All rights reserved.
inserted by FC2 system